レーシックまるわかり情報ステーション

レーシックまるわかり情報ステーション

当サイト「レーシックまるわかり情報ステーション」のお役立ちレーシック情報はこれからレーシックをご利用される人必見です。
まずは当サイトサイドメニューをご熟読してみてください。「レーシックって失明をしてしまう危険性があるのでは?」と不安を抱えている人もかなり多いかと思います。
絶対に失明はしない!とは言えませんが、日本国内では失明の事例は0件ですので過度な心配は必要ありません。
レーシックは保険対象外となっているので治療を受けるためにはある程度まとまった費用が必要となってきます。
しかし保険が適用されるケースもあるので、まずはレーシックについていろいろと調べてみると良いでしょう。

 

誰もが視力を回復させて、メガネやコンタクトに頼ることのない快適な生活を取り戻したいと思っていることでしょう。
何かと面倒くさいそのような視力補助器具を使用することなくレーシックでしたら普通に生活をすることが出来るようになるのです。

クラウド パートナーはここへ
http://cloudpack.jp/partner/
クラウド パートナー




レーシックまるわかり情報ステーションブログ:2017年07月22日
わたくしには小学生のむすこがいますが、
軽いハンディがありまして、
そのために療育的な指導というのを受けています。

1週間くらい前、その指導でお世話になっている方と
ゆっくりお話しする機会がありました。

その時に、
「娘のことで何か困っていることはない?」と聞かれ、
思ったのが、
「学校の参観とか行くと、どうも切ない気持ちになる」
ということでした。

「どうしてそういう気持ちになるのかな?」と聞かれ

わたくしが答えたことは、
「娘のハンディは受け入れたつもりだけど、
やっぱり他の娘たちと比べてしまうから切ないのかな、いや〜でも…」

答えながら、
「うん?なんかしっくりこないなあ、本当のわたくしの気持ちはどこにある?」
という感覚になりました。
そしてわたくしはしばし黙って考えました。

それからわたくしは、涙の予感を感じ、
ハンカチをカバンから取り出し、目に当て…

「う〜ん、なんかわたくしが小学生の時、教室ですごい孤独で…
教室にいる時、わたくしは本当に孤立無援な感覚でいつもいたんだなって、
今、気がつきました…」
と、話している自分がいました。

だから、机の並んだ教室を見ると、
どこからともなく切ない気持ちが湧きあがってきた…
ということのようです。

孤独で、寂しくて、誰からも助けてもらえないと思い込んでいる
小学生のわたくしの気持ちが、
「つらいよ〜、わたくしの気持ちに気付いてよ〜」と、
心の中から訴えてきていた…ようです。

誰にも助けてもらえないと思い込んでいたわたくしは、
誰にも助けを求めず、結果、周りからは
「しっかりしていて、助けのいらない娘」に見えていたらしく、
逆に頼られてしまうという、ちょっとキツイ状況が生まれたのかな…
と思います。


レーシックまるわかり情報ステーション モバイルはこちら